手水鉢に氷

風のくらの玄関前にある手水鉢(ちょうずばち)に、今朝氷が張っていました。
日中の気温は11℃ 位だったので、正午前には完全に溶けてしまってました。
朝夕の冷え込みの寒暖差が大きいのでしょうね。


福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

雨模様

本日、風のくらは朝から雨でした。
お昼には陽がさしたりもしましたが、霙や雪にもなり安定しないお天気。
ですが里山はそんな日も美しいです。
冬の週末は暖炉を焚いてお待ちしております。
是非、お立ち寄りください。 A.H





福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

蝉の声

まだまだ暑い日が続いていますが、いつの間にか、蝉の声も聞こえなくなりました。
もう季節はすっかり秋です。
(写真は夏真っ盛りに撮ったクマゼミです。)M.T


福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

姫檜扇水仙とウバユリ。

スタジオ風のくらの横の川にたくさんの姫檜扇水仙(ヒメヒオウギスイセン)が咲いています。
別名、モントブレチア、トリトニア、クロコスミアとも呼びます。
目にも鮮やかなオレンジ色が綺麗な花ですが、性質が強く、よくふえるので、
野生化したものが各地で見られるそうです。
冬は休眠する春植え球根ですが、植えっぱなしでほとんど手がかかりませんので
丈夫な宿根草として夏を彩ってくれます。

また、川を少し上がると、大きな百合のような白い花が咲いていました。
調べるとウバウリと呼ぶそうです。
ウバユリはユリ科のウバユリ属の多年草で、 7月から8月に花を咲かせます。

写真のように四方に花が咲き、なんとも幻想的な雰囲気です。
花を咲かせる時期に葉が無くなってしまい、『歯がない』という事から
姥『ウバ』ユリと名付けられたそうです。

風のくら散策・・・毎回、発見が尽きません。M.T


福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

桜の季節

 
この春初めて鶯の声を聞きました。里山にある ここ風のくらでは、今 山桜が満開です。

 
春の陽気に誘われて、沢蟹が目を覚まし、庭では福寿草が一輪咲きました。

 
こぶしの花も咲き始め、花の季節の到来です。R.Y

福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

ブログトップ

デザイン&リノベーション

スタジオ【風のくら】

トップにもどる
風のくらについて

古民家再生福岡

■■古民家再生福岡■■
築140年の古民家を現代のデザインを取り入れて、リノベーションしました。古くて新しい日本の住まいと暮らしを提案します。
古民家再生スタジオ「風のくら」
筑紫野市大字山口2122番
TEL 092-555-5530
カテゴリ
最新記事
過去の記事
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter