雨のち晴れ

梅雨空の下、草花は恵みの雨とばかりにグンと成長し、次々と花を咲かせています。

サフランモドキ                  ヤブカンゾウ

  
  ナンテンの花

       

山の斜面を駆け上がるように大きく成長した紫陽花は、板の間から眺めるとまた格別です。
屋外と室内の明暗、コントラストに瑠璃色の花が鮮やかに浮かびます。   R.Y

福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

蛍発見!!



昼間、会長が蛍を発見しました。2年前に八女より カワニナ を貰ってきて蔵の横の
ビオトープに放したところ沢山増え、餌が豊富になったからでしょう。
もともとこの辺りは水が綺麗ですし近くを流れる山口川でも蛍を見る事ができます。
「風のくら ほたる計画」は、成功の一歩が見えました。

ヤマグワの実



これはヤマグワの実です。その昔、養蚕が盛んなころは桑の木は多く見られたそうです。
ここ風のくらでは、苗木を植えてから数年で4メートル近くまで育ち、沢山実をつけました。

ところで、「どどめ色」ってご存知ですか?
一部の地域の方言かもしれませんが、綺麗な色のイメージは全くありませんでした。
しかし、「どどめ」とは桑の実のことだったことを、今 発見して一人驚いています!
紫がかった黒に近い、意外にも深みのある綺麗な色でした。 



こちらは、ガクアジサイ。白い花のようなガクの真ん中に、紫のグラデーションが愛らしい
まんまるつぼみが弾けるように咲きはじめました。  R.Y
ブログトップ

デザイン&リノベーション

スタジオ【風のくら】

トップにもどる
風のくらについて

古民家再生福岡

■■古民家再生福岡■■
築140年の古民家を現代のデザインを取り入れて、リノベーションしました。古くて新しい日本の住まいと暮らしを提案します。
古民家再生スタジオ「風のくら」
筑紫野市大字山口2122番
TEL 092-555-5530
カテゴリ
最新記事
過去の記事
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter