英国の現代陶芸を

P5150017

風のくらに飾っている小鳥の絵が素敵なフラワーポッドやスクエアディッシュ、作者の
ペニー・シンプソンさんが高宮にある器ギャラリー「しょうざんどう」で 
今月20日(金)まで展示会をされています。
ロンドンから西へ200miles、車で3時間ほどのモルトンハムステッドという陶芸の町に 
pottery(陶芸工房)をかまえるイギリスの現代女流作家さんです。 
作品から伝わる優しくて暖かなイメージそのものの、とても素敵な方でした。
風のくらにはペニーさんのような優しい野の花が似合うフラワーベース等が仲間入りしました。
R.Y


福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

青時雨

 
立夏の初候、新緑が美しい雨の朝。ヤマボウシの花が咲いています。中心にある黄緑色の
まあるいところが花で、白い花びらに見えるのは総苞片というガクのようなものだそう。
秋には葉が紅や黄色に染まり、四季の移ろいを感じさせてくれる日本原産の落葉樹です。R.Y

福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

冷たい雨に

 


未曽有の大地震から半月以上経つにもかかわらず、未だここ筑紫野でも かすかに揺れを感じる

日があります。今日は冷たい雨、シャクナゲの花が暗い空を明るく照らして見えます。R.Y

福岡の土間のある家 古民家再生モデル住宅 「風のくら」

ブログトップ

デザイン&リノベーション

スタジオ【風のくら】

トップにもどる
風のくらについて

古民家再生福岡

■■古民家再生福岡■■
築140年の古民家を現代のデザインを取り入れて、リノベーションしました。古くて新しい日本の住まいと暮らしを提案します。
古民家再生スタジオ「風のくら」
筑紫野市大字山口2122番
TEL 092-555-5530
カテゴリ
最新記事
過去の記事
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter